トップジョッキーは年収1億円以上を稼ぎますが、夢のある生活と危険が常に隣り合わせと言えます。

騎手はどれくらい稼ぐのか?

メディアへの露出も多くなってきた競馬の騎手ですが、騎手の収入はどれくらいなのでしょうか?

 

まず騎手には厩舎に所属している騎手と、厩舎に所属せずフリーで活動している騎手の2通りがあります。

 

厩舎に所属している騎手

厩舎から給料をもらっています。
新人騎手や若手騎手などは厩舎所属の場合が多いです。
レースで騎乗するほかに、厩舎の作業をすることで給料を得ています。

 

厩舎に所属していないフリーの騎手

レースで得られる賞金が主な収入源となります。
その獲得賞金の内、平地のレースの場合で5%、障害レースの場合で7%を進上金として貰うことができます。

進上金とは賞金を得た馬主が調教師や騎手などに支払わなければならないお金のことです。
一番賞金の安い未勝利戦を例とすると、未勝利戦は1着賞金が600万円なので、勝った競走馬の所有者である馬主が480万円、管理している調教師が60万円、騎乗した騎手が30万円、その競走馬の普段の世話をしている厩務員が30万円を貰うことができます。

一番賞金の安いレースでもこれだけもらえるので、GⅠなどの大レースを勝つと貰える金額の桁が跳ね上がるのは、簡単に想像できると思います。
その他にもフリーの騎手は調教に騎乗することで、調教騎乗料として手当を貰うことができます。
この調教騎乗料は関東の美浦トレーニングセンターと関西の栗東トレーニングセンターで金額が違っていて、美浦では1回1700円、栗東では1回1000円となっています。
1日に調教で騎乗できる頭数は、美浦・栗東どちらも5頭までと決まっています。
厩舎所属の騎手は給料に調教騎乗料が含まれている為、貰うことは出来ません。

 

レースに騎乗すると着順に関係なく、騎乗手当騎手奨励手当というものが貰えらます。
騎乗するレースのランクによって、合わせて4~8万円ほどとなっています。
この手当はフリーの騎手はもちろん、厩舎所属の騎手も貰うことができます。
リーディング上位の騎手などは土日で15~20レースほど騎乗するので、それだけで何十万円も稼いでいることになります。
年間最多騎乗回数の記録は1000回を超えているので、騎乗手当だけで4000万円以上の収入があったことになります。
このような収入があるので、デビューしたばかりの新人ジョッキーでも年収500万円以上を稼ぐ騎手も多いようです。
トップジョッキーは年収1億円以上を稼いでいます。夢のある職業ですね。

 

ただ、怪我をしたり騎乗停止になったりすると、レースでの収入が全く無くなってしまいます。
怪我は命に関わるようなケースもあるので、夢のある生活と危険は常に隣り合わせだということを覚えておきましょう。
別ページでは馬主の収入についてもご紹介しています。