馬券の75%が払戻金として還元され、10%が第1国庫に納付し、15%がJRAの収入となります。

競馬場の収入ってどれくらい?

競馬を運営しているJRAは特殊法人ですが、国からお金を貰っているわけではありません。
ではどのように収入を得て運営しているのでしょうか?

 

まず競馬場の収入源として挙げられるのが入場料です。

レースが行われている競馬場に入場するには、入場料として200円必要になります。
ダービーや有馬記念などのGⅠレースでは10万人以上のファンが来場するので、それだけで2000万円以上の収入となります。
また、指定席は入場料とは別に料金がかかります。
GⅠレースの行われる主要競馬場で3000~5000席あり、値段も1000~4000円の席種があるので1000万円以上の収入となります。

 

もちろん馬券の売り上げも競馬場の収入となります。
競馬場の収入というよりはJRAの収入ですが、競馬場はJRAの施設なので同じと考えます。
馬券は100円から買うことができますが、その内の75%が払戻金として還元されます。
正確には馬券の種類によって還元率は変わってくるのですが、ここではわかりやすく75%とします。残りの25%の内10%は第1国庫納付金として国の財源となりますので、15%が収入となります。その中から賞金や運営費・職員の人件費などの必要経費を引いた額が利益となり、その利益となった額の半分を第2国庫納付金として国に納め、もう半分がJRAの儲けとなります。

これまで過去一番売れたレースである1996年の有馬記念を例に挙げて考えてみると、この年の有馬記念は約875億円の売り上げがありましたので、約131億円が収入となります。
必要経費として10億円かかったとしても約120億円の利益となり、その半分の約60億円が儲けとなります。

 

競馬場内にはJRA公式のグッズショップや、多くの飲食店があります。
飲食店はJRA公式の店ではないので、詳しい金額はわかりませんが場所代を払うことで競馬場内での営業を許可されていると思われます。
競馬場内の飲食店の価格が高いのは、場所代も含まれているからだと思います。

 

また、競馬場内にはオッズボックスという、最新のオッズを紙に印刷する機械があります。
それを利用する際には専用のオッズカードというものが必要となり、そのカードを使って1枚10円で印刷することができます。
オッズカードには、100円・300円・500円・1000円の4種類があります。
このオッズカードは、過去のレースのゴール前などの写真が使われているのでコレクションしている方もいるようです。

 

このほかにもテレビ中継などの放映権料なども収入として挙げられます。